すっきりレッドスムージー 豆乳

すっきりレッドスムージーは通常だと水やぬるま湯で溶かして飲みますが、豆乳を入れて混ぜるとデザートに早変わり!おすすめの豆乳割りについて詳しくご説明します!
MENU

プルプル食感!すっきりレッドスムージーの豆乳割りは美容効果アップ!

すっきりレッドスムージーは豆乳を入れることで、ぷるぷるとした食感になり、デザート感覚で楽しむことができるってご存知でしょうか?

 

基本の水やぬるま湯で混ぜる飲み方ももちろん美味しく飲むことができるのですが、毎日となると多少飽きがきてしまいますよね…

 

そこですっきりレッドスムージーを使ったアレンジ法の中でも断トツおすすめなのが豆乳です!

 

豆乳を入れることで、美味しさがアップするだけでなく、女性に嬉しい効果がさら倍増するのです!

 

すっきりレッドスムージーを豆乳で作ることで、どのような効果を得ることができるのかまとめてみました!

 

 

<大豆イソフラボンで艶やかな肌に>

 

ストレスや生理などによって女性ホルモン(エストロゲン)のバランスが乱れると、体の不調だけでなく、肌の調子も悪くなります。

 

豆乳に含まれている大豆イソフラボンは、植物性のエストロゲンの一種なので、豆乳を摂取することで、女性ホルモンの乱れを抑え、肌荒れを改善させることができます。

 

また、大豆イソフラボンには抗酸化作用もあるので、肌老化の原因である活性酸素を除去し、紫外線や外的刺激に負けない強い肌を作ることができるので、特に豆乳は女性に積極的に飲んでほしい飲み物なのです!

 

 

<コレステロール値や脂質を抑えてダイエット効果も!>

 

豆乳に含まれているサポニンには、脂質やコレステロールを酸化させ、太りにくくさせる働きがあります。

 

また、ドロドロ血をサラサラに改善させる作用もあるので、血行不良を改善させ、痩せやすい体質に変えることができるだけでなく、動脈硬化などの血液関連の病気を予防する効果も期待できます。

 

 

<基礎代謝アップで痩せ体質改善にも>

 

年々加齢するとともに減少していく基礎代謝を改善させないことには、いくらダイエットを頑張ってもまたすぐリバウンドを起こしてしまいますよね。

 

豆乳に含まれている大豆ペチプドには、基礎代謝をあげる作用があり、脂肪燃焼をさせることで痩せにくくなった体をすっきり体質へと変えることができます。

 

 

このようにすっきりレッドスムージーを豆乳で作ることで、さらにダイエット効果を発揮させることができます。

 

そんなすっきりレッドスムージーを豆乳で作る場合はどのように作ればいいのでしょうか?

 

 

<すっきりレッドスムージーの豆乳割りの作り方>

 

@ コップにすっきりレッドスムージーを1包入れます。
A 豆乳を100〜150cc入れて軽くかき混ぜます。

 

たったこれだけで出来上がりです!

 

これなら水で作るのとほとんど違いがないので、誰でも簡単にすっきりレッドスムージーの豆乳割りを作ることができますね!

 

すぐに飲むのもいいのですが、そのまましばらく置いておくと、プルプルとした食感になるので、デザートとしてもGOOD!

 

デザートとしてもいいですし、置き換えダイエットにするとさらに腹持ちがよくなるのでおすすめです。

 

 

<牛乳割りだとNGな理由とは?>

 

水やぬるま湯で作って飲むよりは豆乳で作ったほうが口当たりもなめらかでまろやかな味わいに仕上がりますよね。

 

でもそれなら豆乳じゃなくても、牛乳で割ってもいいのでは?と思われている方も多いのではないでしょうか?

 

多くのダイエットスムージーのアレンジ法で牛乳割りをおすすめしている商品も多いのですが、すっきりレッドスムージーは実は牛乳割りをおすすめしていないのです。

 

すっきりレッドスムージーに含まれている食物繊維が牛乳に含まれているカルシウムの吸収を妨害してしまうので、すっきりレッドスムージーのアレンジを楽しむのであれば、牛乳ではなく、豆乳割りで作ってみてくださいね。

 

 

味を変化させるだけでなく、食感まで変えることができる豆乳割りでマンネリ防止してみてはいかがでしょうか?

 

>>すっきりレッドスムージーの公式サイトはこちら

 

このページの先頭へ